浮気調査 離婚相談

ストーカー被害を訴えても被害届は中々受理されない

  • HOME »
  • ストーカー被害を訴えても被害届は中々受理されない

東京のストーカー被害は深刻

ストーカー対策

いずれも加害者の一方的な感情による卑劣な行為である!

ストーカー行為の相手が分かっている場合

知ってる相手この場合、元交際相手や配偶者が殆どです。別れたはずなのに一方的な感情で「つきまとい」や「ストーカー行為」をします。

警察に被害を訴えても中々受理してもらえません。理由は「直接的な被害が出ていないから」…..です。

数日経ってから傷害事件や殺人事件に発展する事も少なくありません。

こうした事件が多くなっているので対応が変わってきています。まだまだ手遅れになるケースが無いわけではありません。

最悪の事態を回避するためにストーカーやつきまといの証拠をまとめ警察に被害届を提出するのです。

法律家(弁護士等)に依頼すると受理してもらいやすくなります。

相手の分からないストーカー行為

調査依頼ストーカー行為の相手が誰だか見当もつかないケースの場合、まず相手を特定することが先決です。

尾行などによる調査でストーカーの所在を確認します。コチラも相手が分かることで少し気持ちが落ち着きます。

場合によっては、コチラが犯人の正体を突き止めた事を相手に分からせることによりストーカー行為が無くなるケースもあります。

しかし、そうしたケースは稀であり、危険を伴うこともあります。

やはり調査結果を元に弁護士を通じて警察に被害を訴える事がベストな策ではないでしょうか。

自分でも出来る事:メールや電話の通話記録や会話内容をレコーダー等で記録・保存するように心掛けましょう。
決して無理をせずできない所はプロに任せて早期解決を図りましょう。

 

ストーカー行為に対する警察の対応

警察の対応最寄りの警察署に相談しましょう。交番ではなく警察署に出向きましょう。

被害を拡大させないようにアドバイスが受けられます。

具体的には「ゴミ捨て」ですが、ストーカー相手に分からないようにする。

プライバシーに関わるモノ(請求書等は)細かく裁断してから捨てる又は、自宅以外の(会社)場所で処分する。

外から室内が見えないように厚手のカーテンを使用する等です。

各警察署に設けられている「ストーカー対策室」かありますので早めの相談をお勧めします。

証拠(相手の所在や氏名)が必要な場合は、当社が調査を承ります。

ストーカー・つきまとい慰謝料の相場...

ストーカー・つきまとい行為

つきまといやストーカー行為に対して、慰謝料請求する場合。 請求額の相場はどのくらいなのでしょう。 相場はありま …

ストーカーの被害届の出し方...

ストーカー被害

ストーカー、つきまとい行為のひがいに遭っている方は、直に被害届を出しましょう。

ブログ一覧

探偵ブログ

かんたん浮気度チェック

浮気度チェック

問い合わせ参考機関

警察庁
警視庁
公安委員会
国民生活センター

カテゴリー

PAGETOP
© 2013 浮気調査の探偵|日本信用調査協会