調査費用はこうすれば安くできる


調査費用を安くするには対象者の情報が全て

費用を安く浮気の調査費用を安くするには、対象者の情報をどれがけ把握できているかで決まります。日常生活の中でなにげない会話で違和感を感じたことはありませんか。

普段は気にも留めない仕草や言動でも、疑いを持った時には感じることができるのです。

では、どのような情報を把握すれば費用を安く抑えられるのでしょうか。具体的に説明していきましょう。

1-1 行動パターンを把握して費用を安くする

行動パターン平日の退社後から帰宅までの時間帯に浮気をしているケースでは、勤務先からの尾行で浮気相手との接触を確認して、浮気の証拠(ホテル等の出入り)を映像に抑えます。
この時に大凡の退社時間や行きつけのお店が何件か分かっていると調査エリアを絞り込む事ができます。

行きつけのお店を把握する場合、レシートや領収書等をスーツのポケットを普段から確認する癖をつけておくと良いでしょう。

普段の会話から退社時間をさりげなく聞いたりして曜日ごとにメモしておく事も必要です。ちょっとした事でも記録する習慣を付けることである程度の行動パターンは把握できるものです。

メモした分だけ費用を安くできると思って今日からでも始めて下さい。

1-2 移動手段を把握して費用を安くする

移動手段通勤の移動手段は何を使うかをしっかり把握しましょう。バスや電車又は、車の利用を確認しておきましょう。最寄りの駅や勤務時間(営業職)に利用する駅や移動手段をさりげなく聞き出しましょう。

勤務先の所在地を知らない方も多いので確認しておきましょう。内勤なのか主に外回りなのかも費用を安くする上で重要なポイントになります。

この場合、必ず会社に戻るのか、そのまま直帰するのかを知っているのと知らないとでは調査において配置する調査員の人数が少なくて済みますので安く抑える事ができます。

1-3 浮気相手の情報を把握して費用を安くする

浮気相手の情報浮気相手の情報も少しでもあれば、調査のプラスになります。相手の名前が分かる、住んでいるエリアが分かる。会社の同僚だったりすると、調査期間も短く結果費用を抑えることに繋がります。

女性の場合飲食店に勤めていて、店の名前や源氏名まで分かっている等、浮気相手の情報はどんな些細な事でも重要です。

浮気調査の費用は安くできる

対象者のことで気付いたことや気になったこと、会話の内容をメモする習慣を付けて下さい。対象者に不審に思われては警戒されてしまいますので、焦らずに情報収集して下さい。レコーダー等を利用して後で反訳するのも良いと思います。

私達は、頂いた情報をもとに費用を安く抑えた浮気調査のプランを提供していきます。必要な情報が多いほど費用は抑えられますので我慢強く記録して下さい。

※頂いた情報の全てが有効と判断するモノではありませんのでご了承ください。

調査費用が安くなった実例

ブログ一覧

探偵ブログ

かんたん浮気度チェック

浮気度チェック

問い合わせ参考機関

警察庁
警視庁
公安委員会
国民生活センター

カテゴリー

PAGETOP
© 2013 浮気調査の探偵|東京ターゲットリサーチ