盗聴器発見 東京23区内の場合

  • HOME »
  • 盗聴器発見 東京23区内の場合

盗聴器発見で不安な日々を1発で解消できます

東京中心「自宅で盗聴されているかも?と、思ったら!」その部屋から盗聴器の発見や駆除の依頼はしないでください。その会話も仕掛けた相手は、聞いています。

部屋の何処かに仕掛けていると言うことは、あなたの部屋に出入りできるのです。部屋のカギを共有していた過去の交際相手の確率が非常に高いのです。ストーカー行為の一種ですので、凶悪な考えを持っているかも知れません。

1日も早くに撤去しましょう。

※ 盗聴器発見に関するお問合わせやご相談は、別の場所からお願いします。問合せ自体を盗聴されている可能性があります。
東京23区内を中心に卑劣な盗聴器を撤去!!

盗聴器の種類は、コンセント型やクリップ型が多く使われます。このタイプは、電源の供給が発見されるまで使えるからです。他には、ペンタイプ・電卓タイプ・カード型タイプがあります。

コンセントクリップ

しかし、電池を使用しますので数時間の一時的な盗聴しかできません。

盗撮器も同じ

他には、盗撮されている場合があります。映像をネットで流したりする場合もあります。種類は、ACアダプター型や車のリモコンキー型デジタル置時計型があります。

このタイプの電源は電池ですので、24時間以上の録画はできません。毎日録画するためには毎日電池の交換をしなければなりません。毎日出入りできる人があなた以外にいるならば、現在同居中の人が怪しいと言うことになります。

作業時間は、30分から60分程度(発見から撤去まで)です。プライバシーがあなたの知らない所で漏えいする可能性があります。思わぬ被害や犯罪に巻き込まれる前に「おかしい?」と思ったら直ぐに『撤去』をして下さい!

盗聴行為自体は、電波法(電波の強さ)に触れなければ違法ではありません。この場合、違法になるのは住居の不法侵入や盗聴や盗撮で知り得た情報(秘密)を第三者に漏えいすることです。
その住居や建物の出入りが合法であれば、違法行為にはなりません。但し、有線通信や電気通信は電話回線に盗聴器を仕掛ける事を禁じています。

自分で盗聴器を発見する方法...

盗聴器発見

自分でもできる盗聴器発見 一番簡単に探す方法の一つとしてご紹介します。 受信機を購入しよう! 盗聴器のほとんど …

ブログ一覧

探偵ブログ

かんたん浮気度チェック

浮気度チェック

問い合わせ参考機関

警察庁
警視庁
公安委員会
国民生活センター

カテゴリー

PAGETOP
© 2013 浮気調査の探偵|東京ターゲットリサーチ