浮気調査 離婚相談

調査結果で携帯メールは浮気の証拠にならない?


携帯のメールでも裁判で使える浮気の証拠になる

”有効活用するために!!”

証拠にならない携帯メールの内容では浮気の証拠にはなりません。多くの人はシラをきる人もいるでしょう。同僚がふざけてメールをしたとか。自分はやっていないと言い張る人もいるのです。

ですが諦めてはいけません。調査の結果、携帯のメールでも裁判で使える浮気の証拠になるのです。これからその方法を説明します。

浮気を認めさせるようにもってい

浮気を認めさせる

認めさせる「2度としない」「分かれる」「2度と会わない」と言わせるようにもっていく。この時に「許す」という単語は使わないようにしましょう。

後々この不貞を許した事になっては、慰謝料の請求や、離婚の条件を優位にもっていくことができないからです。あくまでも「認めさせる事が重要」ですので、許してあげる「雰囲気」で対応しましょう。

認めた不貞行為を書面にする

浮気を認める「私、○○は○○との不貞行為を認め別れる事をここに誓約する」といった内容で日付を入れて作成しておきましょう。携帯メールのデータはバックアップしておきましょう。

肝心なのは誰の携帯から誰のアドレスにメールをしたかです。メールのバックアップの他に携帯のディスプレイにプロフィールを表示して画像で残しておきましょう。地味な作業ですが1つ1つ丁寧に残しておきましょう。後に役立つことは、間違いありません。

誓約書の署名には立会人を立てる

立会人友人や知人に立会いを頼みましょう。2人きりの時は、不貞を認めても裁判や第三者がいると認めた事を否定する人が多いのです。

立会人を同席させることで裁判になった時には、否認することを抑止する効果があります。

これで携帯メールも立派な証拠になります

浮気の証拠に有利な物とは

証拠写真浮気の証拠と言えば何か、一般的に証拠写真は浮気相手と一緒にいる写真を撮ればそれでいい?と思っている方が多いのですが、実際証拠には直接証拠と間接証拠があります。

直接証拠とは実際の行為そのもの(車での不貞行為やその他)を画像として抑えるもの(実際その行為を抑え証拠品としての提出はあまりしておりません。)。

逆に間接証拠とは浮気相手と宿泊先や、ラブホテルなどの出入りを抑えるものです。不貞行為を推測できる環境に一定時間一緒にいた証拠。

ラブホテルの写真は複数回必要

浮気を証明するには、同異性と複数回以上の肉体関係にある事実を証明しなければなりません。そうなると複数回以上の肉体関係の証拠を集めなくてはなりません。

ラブホテル=肉体関係…..という考え方から、ラブホテルに出入りしている事を複数回証明できれば、立派な証拠になります。決定的なものとして、日付入りで対象となる相手の顔がハッキリ確認できる入った時と出てきた時の写真です。

こうした証拠も費用をかけることによって探偵調査員が決定的瞬間を押さえる事ができるのです。

ホテルの滞在時間も重要

ラブホテルラブホテルの出入りする写真を撮ったからと言ってもホテルの滞在時間が40分にも満たない場合は、証拠としては弱いです。このような単発の証拠しかない場合は、「気分が悪くなったので少し休んでいた」としらを切られてしまいます。

ホテルの滞在時間が短くても、短期間に複数回このような行動があれば、証拠力は高くなります。

ホテル以外の密会場所

自宅に連れ込む浮気相手の自宅が密会場所の場合も1度や2度の出入りでは、証拠力は弱いのです。やはり宿泊や、数時間以上の滞在時間が証拠として必要です。

滞在時間や訪問回数が証拠として大きく左右されるポイントとなります。調査依頼で多いのがこの間接的なもので、ラブホテルの出入りや相手の家の出入りなどの写真を撮り整理し報告書にする事が大半です。

裁判で通用する証拠?

探偵が調査時に使う機材を状況に合せ、使い分けています。デジタルカメラ1つでも望遠レンズや赤外線機能を使って証拠収集にベストなカメラを使います。

同じ写真でも顔がハッキリ確認できる画像でなければ、モノにはなりません。裁判でも通用する証拠を残さなければなりません。撮影のテクニックも必要ですがある程度使用する機材の性能が決め手になります。

調査機材

ブログ一覧

探偵ブログ

かんたん浮気度チェック

浮気度チェック

問い合わせ参考機関

警察庁
警視庁
公安委員会
国民生活センター

カテゴリー

PAGETOP
© 2013 浮気調査の探偵|日本信用調査協会