調査費用が安くなった実例


対象者の情報次第で費用の軽減を実現できる

依頼主:相沢さん(仮名)依頼時の内容

調査費用50万円の場合

近頃ご主人の帰宅時間が遅くなり、不自然な休日の仕事や出張等で「不審に思い」調査依頼。

初動設定の調査内容料 金
仕事帰りから帰宅までの行動調査 基本3時間コース 調査員2名5,400円×2=108,000円

どの曜日に遅くなるか分からないので、平日5日間の依頼。状況に応じて追跡調査。帰宅した時点でその日の調査は終了。真っ直ぐに帰宅なら費用は軽減される。

平日(夜間)の追跡調査の費用合計料 金
第1日目 追跡調査2時間 同僚(男性名)と飲食後帰宅36,000円×2=72,000円
第2日目 追跡調査5時間 同僚(男女6名)と飲食カラオケご帰宅90,000円×2=180,000円
第3日目 追跡時間1時間 真っ直ぐ帰宅18,000円×2=36,000円
第4日目 追跡時間6時間 退社後女性と合流し食事の後ホテルへ。108,000円×=216,000円
合 計
4日間の調査時間は合計14時間:調査員2名調査時間=14時間:費用=504,000円(消費税:40,320円)

上記表を見ると必要なようで不必要な調査日があります。浮気相手との接触の曜日や日にちのパターンを把握していると下記の表の内容で調査費用を安くすることができるのです。

依頼前に行動パターンをチェックする

調査費用が10万円になる場合

事前に行動をチェックすることでピンポイント調査が可能になります。

指定日に追跡調査を設定料 金
退社後、異性と合流タクシーでホテルに直行。2時間後ホテルを出て食事を取る。

依頼主に連絡後、「浮気が確認出来ればこれ以上の調査は不要」とのことで

この時点で調査終了。

54,000円×2=108,000円

依頼された時点でも、対象者となる方の行動パターンを把握していない場合は、しばらく観察する事をお勧めします。

緊急性が無ければ、費用が安くなりますので実行してみてください。費用のほとんどが調査時間と比例します。

調査費用を安く抑える

ブログ一覧

探偵ブログ

かんたん浮気度チェック

浮気度チェック

問い合わせ参考機関

警察庁
警視庁
公安委員会
国民生活センター

カテゴリー

PAGETOP
© 2013 浮気調査の探偵|東京ターゲットリサーチ